そんな自分でいいのか?

おはようございます。
今朝のメールレターに
早速のご返信をいただきました。
ありがとうございます!

内容が入ってこない」笑

あのー

よく読んでください!

と言いたいところですが、
確かに・・・。と思うところもあります。
笑いどころがあるからね。

ま、仕方ないね。好きに読んでください^^

目次

選択を迫られる時

どうしたらいいのだろう?

と迷う時がある。

あるよね、僕もある。
マヤ暦的に期待を裏切らない
迷いと葛藤の音2だから。

しかし、この音2民族にとって
この迷いは挑戦によって
吹き飛ばされる。

あなたは、迷った時にどうしてる?

自分のために頑張る?
誰かのために頑張る?
とにかく頑張る?笑

挑戦には安心が必要

初めて滑り台に挑戦する子どもを
思い浮かべてみてね。

初めて挑戦する滑り台。

不安

怖さがあるよね。

もう、ブルっちゃうよね、笑。



もしかしたら、
何度も親の方を見るかもしれない。

「見ててねー」って何度も言うかもしれない。



見てるよーって面倒ながらも受け応えたり。

子どもはなんでそんなことをするのか?

それは安心したいから。


安心があれば挑戦できる。


元気があればなんでもできる!
↓↓↓

滑り終わったら親のところへ行く。多分。

それは
挑戦で使ったエネルギーを補充したいから。

繰り返して行くうちに、
だんだん親のところへ来なくなる。多分。

挑戦を重ねて新たな自分に


選択を迫られるタイミングは
挑戦のタイミング

その時って

今までのやり方、変えてみよっか

って時だと思う。

そう、

本当は
あなたのやりたいことってこっちじゃない?

って言われている時だよ、きっと。

だから、

今までと違う方へ
ちょっと怖いなって方へ行ってみたらいい

と思う。

新たな自分に出会えるよ、きっと^^

安心とともに

でも、やっぱり怖ーいってあるよね。
うん、あるよ。
だって、未知の世界に行くんだもん。
そりゃドキドキするよね。

そんな時は、安心をお守りに。

その安心とは、

あなたには
「ここにいていいんだ」
と思える場所があるから。

「あなたにいてほしい」

と思ってくれる人がいるから。

そして、

あなたが
いてほしいと思う人がいるから。

だから、大丈夫。

一人で挑戦しているわけじゃないんだよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自然体現ナビゲーター
原田武敬(はらだたけひろ)

・元埼玉県公立小学校教員
・勇気づけ国語塾塾長
・アドラー心理学ELMリーダー
・マヤ暦アドバイザー
・タロットカードリーダー

15年間の埼玉県公立小学校教員を経験した後、2015年3月に退職。
学級経営にアドラー心理学を取り入れ実践。

2015年4月、子どもたちのやる気を引き出し、自信をつけ、自分の考えを持ち、表現する力や心を育てる「勇気づけ国語塾」を開校。

その後、マヤ暦、タロットカードに出逢い学びを深める。
人は本来持っている特性、特徴や能力を知り、自分らしさを発揮できること、本当の自分が望んでいる生き方が、自然体で生きていけることを確信する。

本当の自分とは、
ありのまま、飾らない、等身大の自分のこと。

心の声に正直に生きること、自然体で生きることを自らが実践し、自分らしく生きることを体現している。

現在は、
本当の自分を知りたい
自分の良さを生かしたい
自分らしく生きていきたい
という方のために講座やセッションを行っている。

・学校の先生向けの講座やコンサルティング
・マヤ暦セッション
・タロットカードセッション
・マヤ暦講座
・タロットカードリーディング講座

コメント

コメントする

目次
閉じる