自分の中に毒を持て

おはようございます。自然体現ナビゲーターの原田たけひろです。
期間限定で今FBでいろいろ投稿しています^^

今日は本の紹介です。

目次

TSUTAYAに行く前に神社

TSUTAYAに行く用事があったんだけど、
なんだか歩いて行こうという気になって30分散歩がてら行ってみた。

神社があったから寄ってみた^^

天児屋根命(アメノコヤネノミコト)
比売神(ヒメノカミ)
経津主命(フツヌシノミコト)
武甕槌命(タケミカヅチノミコト)

いやいや、びっくりだ、笑。

◆天児屋根命(アメノコヤネノミコト)
祝詞をあやつる神様の占い師。→タイミングがよくなる、言葉が現実化する

◆比売神(ヒメノカミ)
特定の神ではなく、主祭神の妻、娘あるいは関係の深い女神を指すが
この場合は天美津照玉比売(アメノミツテルタマヒメ)を指す

◆経津主命(フツヌシノミコト)
無敵の刀剣→真実に目覚める、冷静に判断する

◆武甕槌命(タケミカヅチノミコト)
格闘最強の神→ステージ上昇、ヒラメキ、アイディア

意味があってここにきたね。
納得です^^

目に留まる

目的のものをゲットし、ふらーっと本を眺めていたら
目に留まった本。

迷わず手に取って購入^^

Amazon書店が基本だけど
やっぱり本屋っていいね。

やっぱり手に取るには意味があって
フレーズが響く。

いのちをかけて運命と対決するのだ。

そのとき、切実にぶつかるのは己自身だ。

己が最大の味方であり、また敵なのである。

俗に人生の十字路というが、それは正確ではない。人間はほんとうは、いつでも2つの道の分岐点に立たされているのだ。この道をとるべきか、あの方か。どちらかを選ばなければならない。迷う。
一方はいわばすでに馴れた、見通しのついた道だ。安全だ。一方は何か危険を感じる。もしその方に行けば、自分はいったいどうなってしまうか。不安なのだ。しかし惹かれる。ほんとうはそちらの方が情熱を覚えるほんとうの道なのだが、迷う。まことに悲劇の岐路。

駄目になる方、マイナスの方の道を選ぼう、と決意してみるといい。

そうすれば、必ず自分自身がワァーッともり上がってくるにちがいない。

それが生きるパッションなんだ。

ほんとうに生きがいをもって、瞬間瞬間に自分をひらいて生きているかどうか。



本は自分と向き合うために必要なもの。
だから、そのタイミングで出会う本にはきっと大きな意味がある。


僕は

岡本太郎=芸術は爆発だ!


だけで生きてきたので、ちょっとだけ反省しますw



弥栄

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自然体現ナビゲーター
原田武敬(はらだたけひろ)

・元埼玉県公立小学校教員
・勇気づけ国語塾塾長
・アドラー心理学ELMリーダー
・マヤ暦アドバイザー
・タロットカードリーダー

15年間の埼玉県公立小学校教員を経験した後、2015年3月に退職。
学級経営にアドラー心理学を取り入れ実践。

2015年4月、子どもたちのやる気を引き出し、自信をつけ、自分の考えを持ち、表現する力や心を育てる「勇気づけ国語塾」を開校。

その後、マヤ暦、タロットカードに出逢い学びを深める。
人は本来持っている特性、特徴や能力を知り、自分らしさを発揮できること、本当の自分が望んでいる生き方が、自然体で生きていけることを確信する。

本当の自分とは、
ありのまま、飾らない、等身大の自分のこと。

心の声に正直に生きること、自然体で生きることを自らが実践し、自分らしく生きることを体現している。

現在は、
本当の自分を知りたい
自分の良さを生かしたい
自分らしく生きていきたい
という方のために講座やセッションを行っている。

・学校の先生向けの講座やコンサルティング
・マヤ暦セッション
・タロットカードセッション
・マヤ暦講座
・タロットカードリーディング講座

コメント

コメントする

目次
閉じる