4の5も言わずにやる

こんばんは。自然体現ナビゲーターの原田たけひろです。
昨日は1年を振り返り、出来事を振り返っていました。

マヤ暦の年回りは誕生日からスタート。
4の5も言わずにやる。45歳になったからw

つまり今日から僕は黄色の時代の8年目になったわけです。
今日はそんなマヤ暦的視点での個人的記事です^^

いつもの神社
ツグミ発見^^
目次

今年のテーマ

今年は K151 青い猿・黄色い種・音8・ガイド青い鷲(易は沢山咸)のエネルギーの年。

まずは黄色の時代の8年目というところから。

黄色の時代はギフトの時代。
今までの赤、白、青、のそれぞれ13年を過ごしてきた結果を感謝の気持ちで受け取る。

ありがたく受け取っております^^
感謝の視点は俯瞰することでもある。
神様の視点という感じ。
もちろん、ありがたいを味わうよ。
でもそれだけじゃないってこと。

あとは想像力が大事だよ!


そして8年目。
フォローがテーマ。
自分のできることで誰かのフォローをすること。
その予兆はすでにあります^^

そして調和
期間限定のFB発言は調和を乱している??
いやいやそんなことはない・・・はず。

「和を以て貴しとなす」です。

以前、
荒魂→和魂→幸魂→奇魂の発動順序が大事!
ということを書いたと思うけど

調和というのは和魂。
でもその前に荒魂の発動が必要ってこと。
簡単にいうと自分はこうしたい!というものね。
それがあっての調和だから。
荒魂を発動させてきたねw

そして8になると1オクターブ上がる(ドレミファソラシ・ってことね)

これは調和が起こると次のステージへと移行するということ。

楽しみだなーNext Stage

たぶんそのステージは1つじゃない気がする。。。


ちなみに7年目は・・・。

7年目で物事の核心が見えると言われている。
情報を削り、執着心を絶つことで流れに乗れる(確かにーと実感した)。
理想の道を歩めるように選択して進むことが大切な年だったわけ。

つまり、7年目で縦に進み、8年目で横に進むというイメージかな。

というわけで、
今年、たくさんフォローさせていただきます^^

自分のことももちろんやるけれど(当たり前)
フォローのために、4の5も言わずにやるということ。

これは自己犠牲でもなんでもない。

たまにあるじゃん、

こんなにやってます感が出ちゃう人。
あれは、、、自己犠牲感がもれてるよ。(認めてほしーもあるかな)
たぶん、やめた方がいいやつだね。

ま、僕も自己犠牲感あったからわかるんだけど、
それが違うんだって体感すると

ほんとに「人のため」って意識が生まれる。
あ、ただ万人にってわけじゃないけどw
大切な人だけに出てくる思いってあるでしょ?
あ、この人のためだったらってヤツ。


きっとそのときって
何も求めていないし
何も期待していないはず。

そして、
自分ごとのように喜ぶことができるはず。

その感覚が「人のため」って感じじゃないかな。

はず、と書いているのは僕の体感、体験だから。
自信はあるけど、みんながみんな同じ感覚じゃないからね^^

あなたはどんな年回りかな?
やっぱりそのエネルギーの影響はあるよ。
その流れに乗ると、いろいろと意味がわかるね。
あなたも宇宙のエネルギーに乗れますように。

新入りです^^

弥栄

呪術廻戦といえば、僕はこの曲だな



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自然体現ナビゲーター
原田武敬(はらだたけひろ)

・元埼玉県公立小学校教員
・勇気づけ国語塾塾長
・アドラー心理学ELMリーダー
・マヤ暦アドバイザー
・タロットカードリーダー

15年間の埼玉県公立小学校教員を経験した後、2015年3月に退職。
学級経営にアドラー心理学を取り入れ実践。

2015年4月、子どもたちのやる気を引き出し、自信をつけ、自分の考えを持ち、表現する力や心を育てる「勇気づけ国語塾」を開校。

その後、マヤ暦、タロットカードに出逢い学びを深める。
人は本来持っている特性、特徴や能力を知り、自分らしさを発揮できること、本当の自分が望んでいる生き方が、自然体で生きていけることを確信する。

本当の自分とは、
ありのまま、飾らない、等身大の自分のこと。

心の声に正直に生きること、自然体で生きることを自らが実践し、自分らしく生きることを体現している。

現在は、
本当の自分を知りたい
自分の良さを生かしたい
自分らしく生きていきたい
という方のために講座やセッションを行っている。

・学校の先生向けの講座やコンサルティング
・マヤ暦セッション
・タロットカードセッション
・マヤ暦講座
・タロットカードリーディング講座

コメント

コメントする

目次
閉じる