神社とアドラー心理学

おはようございます。自然体現ナビゲーターの原田たけひろです。

今週末に迫った大人のための古事記塾
内容が固まってきました^^(今さらw)

目次

日本神話のはじまり

日本の神話というと
イザナギとイザナミが国を生み、神を生むところから始まるイメージがありますよね。

でも、その前に登場する神様が重要なんですよ。
だってイザナギ・イザナミよりも最初に出てくるんですからね。

1 アメノミナカヌシ(天御中主神)
2 タカミムスヒ(高御産霊神)
3 カミムスヒ(神産霊神)

その後
4 ウマシアシカビヒコジノカミ(宇摩志阿斯訶備比古遅神)
5 アメノトコタチノカミ(天之常立神)

ここまでが別天神(ことあめのかみ)

6 クニノトコタチノカミ(国之常立神)
7 トヨクモノカミ(豊雲野神)

ここまでが独り神といって男女の性別のない神様。

そして、

8  宇比地邇神(うひぢにのかみ)
9  須比智邇神(すひぢにのかみ)
10 角杙神(つぬぐいのかみ)
11 活杙神(いくぐいのかみ)
12 意富斗能地神(おおとのぢのかみ)
13 大斗乃弁神(おおとのべのかみ)
14 淤母陀琉神(おもだるのかみ)
15 阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)
16 伊邪那岐神(いざなぎのかみ)
17 伊邪那美神(いざなみのかみ)

イザナギ・イザナミがやっと出てくるわけです^^

ちなみに6の国之常立神から17の伊邪那美神までを「神世七代」(かみよななよ)と言います。

え?7じゃないじゃん!!って思いますよね。

8から17までは2柱セットで1代と数えます。
だから

神世七代は

1 国之常立神
2 豊雲野神
3(8、9)
4(10、11)
5(12、13)
6(14、15)
7(16、17)

となるわけです。

はい、もう嫌になったでしょ?w
この神様のところで、だいたい挫折しちゃうところだから、大丈夫^^

でも頑張って!!

言霊

意味のない言葉はない。

とくに言霊を大切にしてきた日本の文化だから。

神職の方が唱える祝詞も

絶対に間違えてはいけない!ってものだから。

それだけ言葉のエネルギーを大切にしていたわけだね。

だから神様の名前にも意味があるわけ。

今回の古事記塾でふれる

アメノミナカヌシ・・・宇宙の中心者(ナカヌシ)

誰が?

あなたがだよ^^

タカミムスヒ・・・高次の存在
カミムスヒ・・・低次の存在

高次の存在からのメッセージを受け取り
低次の存在が行動する(地球は行動する惑星だからね)
あなたが
宇宙の中心者として生み出す

そんなことが読み取れる古事記。

何通りもの読み取り方ができるから
物理学、量子力学的にも読み取ることができる。

時間軸で見ると

アメノミナカヌシ・・・中今(今、ここってことね)
タカミムスヒ・・・未来
カミムスヒ・・・過去

過去からの時間と未来からの時間がぶつかるのが「今」という考え。

これは時間の捉え方が一般的に言われているものとは違う。
過去→現在→未来ではなく、
過去→現在←未来という考え。


また、
アメノミナカヌシ・・・生み出す(ビッグバン)
タカミムスヒ・・・陽
カミムスヒ・・・・陰



とも捉えられる。
陰陽統合で生み出されるものがあるわけだね。

ま、他にもいろいろな捉え方があるので
ご紹介したいと思います^^
あなたにしっくりくるものを受け取っていただけたらと思います。

神社とアドラー心理学

アドラーの「より大きな共同体の声を聴け」

に通ずるものがある神社参拝。


あなたの願い。
実はより大きな共同体のためになっているのではないですか?

いやいやそんなことはない!って思うかもしれないけど、
視野を広げてみると
あなただけの願いになっていないかもしれませんよ^^

願いを叶える話でちょっと触れるかも^^

◆2022年3月26日(土)21時から22時
大人のための古事記塾(zoom)

◆参加費 3300円

◆内容(予定)
古事記の最初からいきましょうね^^

造化三神
アメノミナカヌシ
タカミムスヒ
カミムスヒ
 について

最初に出てくる神様なのでキーワードは「はじまり」
陰陽もあったり。

造化ですから生み出すってことですから4月に向けてピッタリ!

と僕は思っています^^

あとは、願いを届けるコツをご紹介します。
いくつかの視点があるので、選んでおきます^^

お申し込みはこちらからお願いします。

弥栄


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自然体現ナビゲーター
原田武敬(はらだたけひろ)

・元埼玉県公立小学校教員
・勇気づけ国語塾塾長
・アドラー心理学ELMリーダー
・マヤ暦アドバイザー
・タロットカードリーダー

15年間の埼玉県公立小学校教員を経験した後、2015年3月に退職。
学級経営にアドラー心理学を取り入れ実践。

2015年4月、子どもたちのやる気を引き出し、自信をつけ、自分の考えを持ち、表現する力や心を育てる「勇気づけ国語塾」を開校。

その後、マヤ暦、タロットカードに出逢い学びを深める。
人は本来持っている特性、特徴や能力を知り、自分らしさを発揮できること、本当の自分が望んでいる生き方が、自然体で生きていけることを確信する。

本当の自分とは、
ありのまま、飾らない、等身大の自分のこと。

心の声に正直に生きること、自然体で生きることを自らが実践し、自分らしく生きることを体現している。

現在は、
本当の自分を知りたい
自分の良さを生かしたい
自分らしく生きていきたい
という方のために講座やセッションを行っている。

・学校の先生向けの講座やコンサルティング
・マヤ暦セッション
・タロットカードセッション
・マヤ暦講座
・タロットカードリーディング講座

コメント

コメントする

目次
閉じる